前へ
次へ

父親が離婚裁判で親権を争う場合

日本の法律では、親権は母親にかなり有利になっています。子供は母親と一緒にいることが子供のためになると考えられており、それが慣例として真剣を母親に認められるようになっているのです。そのため、よほどのことがない限りは、父親が子供の親権を獲得することは難しいとされています。では、父親が親権を獲得したい場合、どのような対策ができるのでしょうか。離婚裁判では実績が重視されます。もし、母親が育児放棄をしている場合には、その隙き父親が子供の育児実績を作ることが好ましいです。この育児実績はできれば周囲の協力を得て、中立な第三者の存在があれば有利になると考えられています。実母などに協力を得ながら子育ての実績を積むことで、離婚裁判で父親の親権が認められることもまれながらあることが分かっています。一般論として、父親は外で働いているので、なかなか育児実績を作るのが難しいですが、親権を獲得するためにはなんとかして実績を重ねる以外方法はありません。

Page Top